MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

株式会社 TENアーキテクツ 一級建築士事務所

変形地を利用した間取りと中庭の配置で抜群な開放空間に
家を建てる時に、庭が欲しいと考える人は多いだろう。造園の仕事に携わるMさんなら、なおさらのことだった。Mさんが購入したのは、直角三角形の一部を切り落としたかのような変形地。家づくりを依頼したのは、こうした土地こそ個性的な家が建つと考える『TEN アーキテクツ』だった。大きなウッドデッキを設けた中庭を囲むようなL 字型の家は、ウッドフェンスでプライバシーが守られた外観からは想像がつかないほど開放的な空間だ。1階は玄関ホールとLDK、寝室のドアを開放すれば、広々としたワンフロアが誕生する。子どもが小さなうちは、1階だけで生活できる、充分な空間だ。中庭に張りだした軒裏をリビングにまで繋げることで生まれる一体感は、限られた空間を広く見せる視覚的効果もある。また、敷地に合わせたことで家の中にできた三角の空間は、リビング脇の子どもの勉強スペースや、寝室のクローゼットとして有効活用するなど、建築士が持つアイデアがふんだんに盛り込まれている。

資料・カタログをもらう(無料)
メッセージ
建築士とつくる家は、自分たちの暮らし方や漠然としたイメージを汲み取って、かっこよく仕上げてくれます。オンリーワンの家にしたいなら、おすすめです。
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)